元気が出るからだのWeb

自分でできる冷え解消プログラム

温めるべき ところを温めて 体ポカポカ

着るもので冷え解消

着るもので冷え解消一番てっとり早い「冷え対策」は、衣類で体をカバーすること。そこで知っておきたいのが、温めるべきポイントです。

足もと、腰、そして首すじをカバーすれば、寒い季節でも効果的に冷えを防ぐことができます。「頭寒足熱」というように、頭は冷やして、足もと・下半身を温めるのが、のぼせを防ぎ、体を冷やさない基本。
足は第2の心臓といわれるくらい、内臓をはじめとする全身への影響が大きく、かつ冷えやすい部分なので要注意です。また、外と室内の温度差が激しいと、体温調節を受け持つ自律神経がまいってしまいます。
「少しくらいならいいか」という油断は、自律神経の失調をまねくもと。こまめに衣服を脱ぎ着して、調節しましょう。

また、注意したいのが夏。寒いときは冷えに気をつかっても、夏は無防備になりがちです。どこでも冷房がきいている夏は、体を冷やしやすい状況にあるということを頭にシッカリ入れておいて。

温めるべきポイント

【冷え症に効くツボ】

足のツボ「湧泉」は足の裏の中央よりやや親指寄り、足の指を折り曲げたときにくぼむ場所にあり、「三陰交」は内くるぶしから指3〜4本分上の、すねの骨の後ろ側にあります。
ともに血行をよくする特効ツボで、気がついたときにもんだり押したりしていれば、体が温まってきます。


【出かけるときは スカーフを一枚バッグに入れて】

スカーフ首の後ろから肩甲骨の間にかけては、全身を電気毛布にたとえれば、スイッチの部分にあたります。つまりここを温めれば、スイッチオンとなって、全身が温かくなるというわけ。
だから、寒かったり、体が冷えそうだなと思ったときは、ここをしっかりカバーしましょう。
首にスカーフを一枚巻くだけで、温かさはグンとアップします。季節の変わり目などで、気温が不安定なときも、スカーフを持って出れば安心。夏場にクーラーのきいた場所にいるときなども、スカーフ一枚で、冷えの度合いがかなり違ってきます。


おへその隠れる下着をはく。

【デカパン歓迎!】

デカパン冷え症の人、生理不順や生理痛に悩まされているという人、ふだん着けている下着はどんなタイプですか?
おへその出るビキニショーツが定番というのなら、冷えるのは当たり前!
女性にとって腰を冷やすのは禁物で、生理不順や生理痛、膀胱炎などの原因にもなります。おなかの冷えは、下痢・便秘もまねきます。
ショーツはおへそからおしりまで、しっかり包み込んでくれるものを選びましょう。
さらにショーツを重ねばきすれば万全。特に、冷えや生理痛がキツイという人は、腹巻を腰まで伸ばして着けるのもおすすめです。

【体を締めつけない、ゆったりとした服を着るよう心がけて】

ゆったりした服をショーツの上にガードルをつけているから、「冷え」対策はバッチリ…と思ったら大まちがい。下半身を締めつけるガードルは、うっ血をまねき、かえって体を冷やすことになります。
同様に、ピチピチのパンツやタイトスカートも、血のめぐりを悪くするもと。ベルトでグイッとウエストを締めるのも、下半身への血の流れを悪くします。
こうした「締めつけルック」は便秘の要因にもなり、体にとっては迷惑極まりないスタイル。冷えを解消したいなら、体にラクな下着や服で、ファッションを楽しむようにしましょう。


素足は厳禁!

素足厳禁「夏はナマ足にサンダルばきがカッコイイ」なんて実践していた人、冬になって、重度の冷えに悩まされていませんか?
手足は、全身で最も冷えやすい場所です。そのわけは、体の末端にあるため、血液循環が悪くなりがちなうえ、寒いときには、手足の末梢血管が収縮して体温を逃がさないように防御するので、より血液の流れが少なくなるから。
「冷え」は、冷えやすい足から体に入ってくるということを肝に銘じて、オールシーズン、靴下で足もとをしっかりカバーしましょう。
靴も、サンダルなど足の露出が多いものを避け、できればすっぽりと足を包み込むものを。


ミニスカートはなるべくはかない。

【はくときはショーツを2枚!】

ミニスカートはなるべくはかないで最近、若い人に冷え症が増えていますが、その原因はミニスカートかも…!?
ミニは、冷やしてはいけない足と腰を確実に冷やしてしまいます。足腰の冷えは、婦人科の病気や膀胱炎、便秘、下痢のもと。特に疲労やストレスで体が弱っていると、免疫力が落ちて膀胱炎などになりやすいのです。だからなるべくミニスカートはやめましょう。
とはいっても、たまにははきたいという人もいるでしょう。そういうときは、下着を2枚重ねにするなどの対策を。

(出典:オレンジページ)