元気が出るからだのWeb

ドロドロ血とサラサラ血

肥満「肥満」という言葉からすぐに連想されるのが、「コレステロール」や「中性脂肪」。

これらの物質にはダイエットの敵役のようなイメージがありますが、私たちが活動するための大切なエネルギー源になったり、体内の細胞膜やホルモン、胆汁酸などを作るもとになるなど、からだに欠かすことのできない大切な成分です。

しかし、過剰に摂取してしまうと、余った脂肪が「体脂肪」として体に蓄えられてしまい、「肥満」と呼ばれる状態になってしまいます。そのまま放置しておくと、血液中のコレステロールや中性脂肪、リン脂質などの脂肪分が多すぎるドロドロ血(高脂血症)と呼ばれる症状に陥ってしまうのです。


あなたの血液は大丈夫?

ドロドロ血になると、体内をサラサラと循環していた血液が流れにくくなることがあります。この状態が続くと、血管の内側の壁に脂肪分が付着して、動脈硬化を引き起こしたり、血管をもろくしたり、血管内腔を狭くしたりします。この動脈硬化が進行すると、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞を招く可能性もあります。

ドロドロ血にならないためには、自分のからだにとって適正な脂肪量を保つことが大切。日頃の生活習慣の中で、その危険度を減らす心がけが必要です。
下の「血液ドロドロ度チェック」をクリックして、あなたの血液が大丈夫かどうか調べてみましょう。